CFD口座の開設方法を丁寧に解説

    このサイトは今FXと同様に話題になりつつあるCFD(Contract for Difference 差金決済取引)を取引するための口座の開設方法を紹介しているサイトです。

    まだ株式投資などを一切したことがないという人でもわかるようにできるだけ簡単に説明していくつもりです。

    CFDの魅力の中の一つにレバレッジがあります。
    レバレッジはてこという英語が語源で、自分の手持ち資金の何倍もの額の取引を行うことができるシステムをいいます。レバレッジがCFDの魅力になっているともいえます。
    ところで、レバレッジシステムを導入している金融商品はほかにもあります。それがFXです。FXでもレバレッジを活用して、小さな資金で大きな利益を上げるチャンスがあります。
    CFDとFXの最大の違いは、取り扱っている金融商品のバリエーションについてです。FXの場合、取引することができるのは通貨のみになっています。

    一方CFD取引の場合には、為替はもちろんのこと、株式や先物取引、指数といったすべての金融商品が対象になってきます。
    ですからFX取引の場合には、為替の知識のある人でないと運用することがなかなか難しい一面があります。一方、CFDの場合には、金融商品の中でどれか自分の得意なフィールドがあった場合には、参加をして利益を上げるチャンスが広がっていくというメリットがあります。
    またCFD取引では、取り扱い可能な金融商品はたくさんありますが、口座はひとつでOKというところも魅力です。ですから、金融商品の対象を移行するとき、比較的スムーズに手続きを済ませることができます。ただし、自分にとって使いやすい取引会社はもちろんあると思いますので、いろいろと試してみることをオススメします。また、現状ですと会社によって取り扱っているCFDの内容が異なります。

    CFDの口座開設方法

    CFD取引を行うようにするためにはまず、取引をするための口座を開設する必要があります。CFD専用の口座ですが、現在では比較的スムーズに開設することができるようになっています。理由として、インターネットを利用することができるようになったことが挙げられます。
    CFD取引を実施している業者はいくつかありますが、オンラインで口座開設可能なところがほとんどです。ですから、業者に直接出向く必要がなくなり、自宅のパソコンで開設申し込みの手続きをすべて完了させることができるようになっています。
    また、金融機関の口座を開設するときには、何らかの身分証明の提示が求められるのが普通です。しかしオンライン開設の場合には、コピーした身分証明書をEメールに添付をして送信すればOKということもありますから、それほど手間がかかるわけでもありません。
    CFD取引についてですが、まだまだ日本ではメジャーとは言えません。ですから、取り扱っている業者の数もまだそれほどないというのが実情です。
    上に挙げたように非常に短期間で口座開設することができますから、複数の業者に口座をあらかじめ作っておいて、どこがお得かを比較するという方法を進める専門家の方もいらっしゃるようです。