CFD投資の注意点


CFD取引の魅力として、レバレッジを利用することで、小さな元手でも大きな利益を得ることができるところにあります。しかしその逆もありうるということを理解しておくべきです。

もし損失を出した場合については、レバレッジをかけた額そのままが損失になります。もしもの場合に備えて保証金と呼ばれるお金をCFD業者に預けることになっていますが、これ以上の損失額を出す可能性ももちろんあるわけです。

この場合、さらに口座に証拠金を入れる必要が生じます。ですから、レバレッジをかけるときには、どのくらいのかけ方をするかは慎重に検討をするべきでしょう。
またCFDのシステムには複雑なところがあり、混乱してしまうリスクもあります。CFDでは、取引の差益以外でも、配当金や金利といったものが発生します。ところが、この両者ではポジションによって、支払う方になるかもらう方になるかが違っているのです。
金利の場合には売りポジションにあると利息を受け取ることができます。逆に買いポジションにある場合には、利息を支払う必要があります。

ところが配当金の場合については、買いポジションにある時に配当金が発生します。逆に売りポジションにいる場合には配当金を支払う立場になるのです。
このようなシステムをきちんと理解していないと、とんでもないところで損を出す可能性もあるのです。