マージンコールとは


CFD取引を実施している業者では利用者の人が大きな損失を出すことがないようなリスクマネージメントをいくつか実施しています。マージンコールというのもその中の一つです。
マージンコールというのは、利用者が一定額以上の損失を発生してしまった場合に適用されることになっています。マージンコールが発生するタイミングは各業者によって若干の違いがありますが、証拠金の比率が大きな判断材料になっていることは確かです。

証拠金というのは、CFD業者に預ける担保のようなものです。各CFD業者が定める証拠金の最低維持率を下回った場合にマージンコールは発生します。最低維持率についてですが、高いところで50%、低いところでも20%になるとマージンコールが作動する仕組みになっているようです。
マージンコールが発生した場合には、追加のお金を口座に入れる必要があります。もし口座にお金を振り込むことができなければ、強制ロスカットということで有無を言わさず決済されてしまいます。

かなりの損失を出しているからこそ、マージンコールはかかります。ですから、強制ロスカットされた場合には、かなりの損失を出すことを覚悟しておく必要があります。