CFD取引のポジションとは


CFD取引をする際には、いくつかの専門用語というものがあります。CFD解説を行っているサイトもいろいろとありますが、基本的な用語を理解しておかないと、何を言っているのかわからなくなりっます。特にCFDの専門用語として「ポジション」という言葉は理解しておくべきでしょう。

ポジションというのは、何らかの金融商品の注文が約定したとします。そしてこの約定した状態をしばらく維持し続けることをポジションといいます。
簡単な使い方で言うと、買った後に保有をすると買いポジションと呼びます。また逆の状態のことはそのまま売りポジションと呼びます。

少し上級者になってくると、ロングショートという言葉を使うこともあります。ロングは買い、ショートは売りという言葉に変換することができます。
またスクエアという言葉もポジションと関連して覚えておきたい言葉です。スクエアは、ポジションが何もない状態、もしくは売り買い両ポジションを持っている状態のことを指します。

ポジションという言葉は、CFD関連の書籍やウェブサイトをチェックされたことがある方ならお分かりいただけるでしょうが、しばしば登場してくる用語です。ですから、最初に覚えておきたいCFDの専門用語ということができるでしょう。